読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TSUTAYAで借りたお笑いのDVD

車が次々に壊れていく。カタカタ音からのマフラーぶっとび。謎のエンスト。謎のエンストの原因と思われるキャップの責任追及に逃げられた。親戚のところで車を買うのは間違いだ。車を買わないといけない。奨学金を払わないといけない。東京に行かないといけない。本来楽しみなはずの東京に行くというイベントが重荷になる。フジロックの時と同じ。

東京へ行くのは必要費だ。仕方ない。数年に一度は行かないといけない。しないといけない。mustじゃなくhave to的にしないといけない。

英語の勉強全くしてない。銀と金を借りてきたけど前ほど面白く読めない。グっと入っていけない。

今日は中学数学をやろう。わかってるつもりでも、3年の後半から習う相似、計量関連の立体図形の問題とか規則性の問題とか解けないタイプのやついっぱいある。

pavementを聞いている。けだるロック。weezerとかpixiesみたいなけだるロック。the ピーズとかもそうかな。音が似てるというか空気が似てる。こういう音楽はエーテツと共感できる。俺の好きな邦楽はエーテツは好きじゃない。

二度スノボへ行った。ブレーキ気味のカーブだけじゃなくて、ゆるくて速いカーブも曲がれるようになった。上半身を使うこと、エッジを意識することがコツだ。ちゃんと上達してる。ウンチな俺がスポーツを上達なんて。運動音痴を略してウンチっていまは言わないんだろうか。高校のころ2chで運動音痴板見てたな。そういえば、板っていたって読むの間違いなのかな。

iPhoneで本を読むのはとてもいい。ここは退屈迎えにきてでメモしたい文がたくさんあった。簡単にメモできた。

南は結婚した。幸せになった。最後の文が良かった。引用。今思うと山月記の虎にも思える。

TSUTAYAで借りたお笑いのDVD、いつまでに返すんだっけとか、そんな些末で実際的なことで支配されている。そうしてもう、気ままで向こう見ずで生意気だったことの自分を思い出すことはなかったし、まだ見ぬ恋人を求めていた心許ないおぼつかない日々のように、立ち止まって思索的なことに思いを巡らせることもなかった。」