俺の部署は自分と新卒とぶすな女の先輩の3人だけで、このぶすに対して毎日腹をたてている。ねむい。ねむいから帰りたいがバスの時間がまだなのでブログを書き始めた。頭に浮かぶことは仕事だるいねむいブス死ねのあたり。ああ、

明日はzazenのライブに行ける。それ以外のトピックス、というか俺の人生の今の大きなうねり、で行くと、娘が生まれるということがある。娘か。娘という単語を自分に関わりのある言葉として使ったのははじめてだ。

かけないな、やめよう

中1の頃好きだった子に会った

中1の頃好きだった子に会った。向こうもアラサーのはずなのに、めちゃくちゃに可愛かった。俺は嫁の付き添いで大学病院のタリーズに来ていた。窓際でリモートワークをしていた。病院を出入りする人たちが窓ごしから見える。あれは、あの子だ。Aだ。かわいい。多分間違いなくAだ。中学卒業以来、同窓会でちらと見かけただけだが、わかる。Aだ。Aは同い年くらいのブスめの女と、子供ふたりの4人で俺のいるタリーズに近づいてきた。話しかけるべきか否か、話しかけるとすれば何を話すか逡巡した。5分ほど経ってから意を決して話しかけた。

すみません、A…さん?はい…?あ、俺中1の頃隣の席だったあの…あ~~顔変わった??笑 ああ、うん。あ、確認したかっただけだから…お子さんいるの?ああこれは甥っ子。ああそうなんだ。。沈黙。今日どうしたの?ああ奥さんが…あそうなんだー。うん、じゃあね。逃げるように立ち去った。うしろではすごーいと聞こえた。

ああ甥っ子なんだ。かわいいねとか、そうなんだ。結婚してないの?とかまだ地元にいるの?とか、いろいろ聞けたことはあった。しかし聞くことが出来なかった。話が盛り上がらなかったという以上に、そもそも俺はお話をしなかった。自分から話しかけたにも関わらず、いつもどおりの相手まかせのコミュニケーションに即移行した。俺はコミュニケーションが苦手、なのだけど、それだけではなくて、コミュニケーションを怖がっている。そこが問題。社会人になってある程度仕事も慣れてきて、プライベートも悪くない今の状況においてもここまでしどろもどろになってしまうのだから、俺の会話下手の根底にあるのは自信のなさではないのかもしれない。

「俺は根暗でいい。人とのコミュニケーションなど無駄。自分のやりたいことをやる。人間関係に悩まされない生活は快適。」このスタンスを否定する人や言説を見たときも、死ねボケと思って相手にもしなかった。しかし、この、今回のような、瞬間的な会話がまるでできないことはやはり問題だ。何か言わなきゃという気持ちと、怖いから会話を終わらせなきゃという気持ちに支配されて、瞬間的にフレーズがでてこない。うまく会話ができる、口がうまいやつになりたいわけじゃない。ただ、最低限会話を楽しむための能力は身につけたい。
自分のキャラクターに甘んじて、口下手であること、集団やコミュニケーションから逃げることを自分に許している。こういう自分を許すこと自体は間違っていないと思うが、もう少し、マシにするための、つまり、会話をすぐやめないである程度の沈黙を許容する度胸を身につけたり、会話をすぐやめる癖をやめたり、最低限のコミュニケーションで済むところでも人対人であるという意識を持ったり、そういう、マシにするための、並の人間に溶け込むための動きは必要かなと思った。

しかし、上記の反省よりも強く頭を支配したのは、可愛い、ということ。やはり嫁よりも圧倒的に、可愛い。それも、美人というのではなく、宮崎あおい方向の可愛さ。一瞬でいいから愛し合いたかった。そうすれば満足があった。RPGで取りそこねた宝箱のように、宝箱の中に何が入っていたか確認だけしたい。現状に不満があるわけじゃない。ただ、そこを通ってからここに来たかった。もう二度と体験できないあの、毎日好きな子と隣の席に座っておしゃべりできたあの頃をもう一度、やり直せたなら、とやはりいつもどおり思ってしまう。

一度でも可愛さを手にしたこともある人間とそうでない人間には差が出る。奥田民生になりたいボーイは狂わせるガールを一度つかんでいる。それがない人間は、それを一生追い求めてしまう。童貞はセックスを一生追い求めてしまう。追い求める価値がないということを実感したい。それが大事なんだ。

しかししかし、今回の一連の出来事によって生まれた感情が、愛し合いたかったとか、なんて俺はだめなんだとか、負の感情だけでなく、未来に向けた前向きな反省が含まれていたことは俺の成長だと思いたい。

16時のオフィスにて

はてなブックマークのブクマがゴミみたいな内容ばかりで、まとめサイトよりましな民度、ではないということを再確認(4回目)しながら松屋で定食を食べていたのが先程。いつものネギ塩豚カルビではなく野菜がついた定食セット600円を食っていた。会社の近くの飯屋がどこもランチが終わっていたので、太るのを懸念しながらもせめてもの思いで野菜を食べた。何を書けばいいのかわからんがそろそろブログを更新するべきだと思った、というより、仕事に飽きてきたので、いつも16時頃になると仕事に飽きてくるので、さらには眠くなるので、家に帰ろうかと思ったけども、もしかしたらブログを買いたりすれば眠気が収まるかもと思い、会社PCではてなにログインしてみた。このブログは報告用ではない。久々にブログを書くと報告がしたくなってしまう。報告がしたくなる理由は人生が進んでいるからだろう。人生が進んでいるのは良いことだ。昔は、人生にもっていかれているような、流されているような感覚だった。最近はわりと、流されつつも、ある程度理解しつつ、このまま流されればあそこに着くのかなというイメージがあるので、「人生が進んでいる」という感じでいいのかなと思っている?

グループ会社の人達がいるオフィスで、窓際の席でただただ一人でPCをいじくって、2リットル分のボトルのお茶を飲みながら頻繁にトイレに行く生活をいつものように続けている。4月からは新しい上司が来て、新卒も入ってきてしまうので、今のような静かな生活はきっと続けられない。思えばこの数ヶ月、自分のペースで、非常に楽に仕事ができていた。帰りたいときに帰ることができた。運良く結果がついてきたため、肩身の狭い思いもすることもなかった。このように仕事ができるのなら、仕事はそこまで辛くないなと思えた。4月からはきっと辛くなる。去年の4月のような、色んな人と関わることによる疲弊の日々がまた始まる。さっきは、指定セルの値を自動でファイル名にするVBAを作ることが出来た。もっとうまくやりたい。自動化による時短で自由な時間を作りたい。余裕がなければ健康も仕事もだめになる。

ミンティアが死ぬほどなくなる。数分にひとつ食べている。煙草と同レベルの出費になってしまう。それは避けたい。ブスな男性社員が「マジで言ってます?なるほどー!ちなみになんですけど~」と電話している。窓際の席からは新潟には珍しい青空が見える。平和だ。

ライフハックのようなもの

これをやりたい、やらなきゃとするよりやらないことをきめる。いつかあれやりたいあすはこれやろうとか決めても、目の前のやりたいことを見つけたらそれしかやるきがでない。仕事でもそう。昨日は区役所で貰った新潟市ガイドが気になって、それをたくさん読んでいた。これはもともとの予定ではない。もともと、司馬遼太郎の峠を読むとか、プライム・ビデオのチェックリストに入れた映画を消化するとかを予定していた。やりたいことやらなきゃいけないことが増えるとストレスになるので、やらないことを決めた上で、できた時間で好きなことをする。具体的には、スマホに触れない。一人で映画や小説に触れない。余った時間で部屋の掃除など、そのとき気分が乗ったことをする。

二日間外出時も含みスマホには触れていない。一日一回ほど電話をしたり、電話がきていないかチェックするときだけ使っている。TwitterやLINEなどはPCで問題ない。あれやらなきゃ、と思いながら、寝ながらスマホを見ている時間が長い。楽しい時間ではあるけど、一旦離れる。

大人のような

頭がいっぱいと前回の記事で書いていたがいまでも変わらず同じ状況だ。何をすればいいのか整理できていない。やること、やりたいことが多すぎて、休日に整理しよう。土日で48時間もあるんだからいくらでもできる、資料を整理して、やることを整理して、来週の準備をして、仕事効率化のための工夫だってできてしまう、たくさんの時間があるように見える。が、実際は、金曜日の夜に午前3時ころまでフォートナイトをして、翌日土曜は昼過ぎに起きて、そのあとsaとおでかけして帰ってきてフォートナイトをプレイして日曜日は16時に起きる。そういう生活をすれば、すぐに、時間はなくなる。ゲームは楽しい。楽しい時間を犠牲にして別のなにかを優先するのは正しくない。それでも、仕事をより楽に気持ちよく進めるために、休日の時間を使いたいと考えてしまう。休日に仕事をやらなきゃと思いながら、実際は全く手を付けることができない。 ネットに溢れるライフハックもうるさい。工夫をする気力もでないんだ。日曜日はいつもこうだな、もう月曜日だが。働くと日曜日が楽しめなくなる。俺は日曜日をうまく使うことができない。いつも辛い。日曜日はいつも。何も進まないまま一週間が過ぎて、今週も、娯楽も楽しみ切ることができないまま、当然仕事もできるようにならず、何も進んでいないことを再確認しながら新しい一週間を待つ、この状態が辛い、、と書こうとしたが、俺の人生なんだかんだで進んでいる。結婚や転職、ちゃんと進んでいる。ただ今の仕事は手放したくないので、ちゃんとできるようになりたい。時間をたくさん使いたい。編集だったり、FPSTPSをやったり、スマホyoutubeまとめサイトを巡回しているときのような、違うか、とにかく時間を忘れて取り組んでしまうようなものに仕事がなればきっとなんかがよくなるんじゃないか。なんかがっtなんだ。何が言いたいのか。仕事っていうと、抽象的で何も伝わらないし自分でも何を言っているかわからなくなるな。例えば、扱っている媒体の知識。そのサイトの仕組み。CLの操作する画面の知識。データの意味。SEO。とかそういう、つまり知識面を、時間を忘れて漁るようなやつ、でありたいのに。伝え方が得意な営業マンとか、経営面でもサポートできる人材とか、そういうものを目指しているわけではない。人格や社会人としての成熟度みたいなところに難があったとしても、オタク的に知識は信用できるやつが俺が目指す現実的なタイプであるにもかかわらず(リク○ート的ではないにしても)、そもそもそこにもたどり着けない、というか、辿り着くような動きができていない、ただ、最低限のやらなければならないことすらこなすことができず、それ以上のプラスアルファのしごとだとか、未来に向けての投資もできず、ヒィヒィ言いながら期待値以下の仕事をやりつつ、では、何も楽しめない。割り切って余暇だけ楽しむタイプにも、なんだかんだいってなれない。年下の先輩とか、うるせえ教育係とか、会話が成り立たない上司とか、黙らせるには、おっ、と思わせるような、なにか、成長を見せなければ。というかむしろ、同僚や上司にいらついてしまうのは俺自身何もできないというコンプレックスが強いせいで必要以上に卑屈になってしまう(かつ卑屈を許さないリク○ート文化もあり)のとか色々であって、誰もそこまで悪くないはずなのに、結果としてはひどいものになってしまうという人間社会の仕組みーあの鈴木先生で学んだやつーになってしまっている可能性もあり。ああほんとうに文章書いても楽しいことないな。ブログは義務的。これでしっかり読み直して文章直したりしてたら余計にまじでつまんなくなるな。あああああああああああああ;いつか読み直したときのために今の現状を書いておくと、いえの机がごちゃごちゃ、todo整理できていないから物理的にもデータ的にも整理したいけど時間がなくてできないから土日にまわしてるのに土日もなんもできてなくてフォートナイトしちゃうよねっていう。あああオーバーウォッチもやりてえな。ただこの、4人でパーティ組めるゲームで、友人3人がプレイしているのをアプリで確認したあとに、PS4の電源を入れないということは、できないだろ?それがいとも簡単にできる人間にはなりたくない。無駄かもしれなくても、好奇心の向いたものがあれば立ち止まりたい。わからない言葉があればぐぐりたい。outlookの効率化ができるなら設定し直したい。明日がテストでガダラの豚を読み切ってしまった大学一年生の寮の部屋の風景や、長岡がノックをして麻雀に誘ってくる大学二年のこれもまた寮の風景が浮かび、ノスタルジアの光に照らされちまった。眼前のご馳走を前にして、立ち去る者がいるとすれば、野望を持ったものでしょ?人生の目的があるやつなら、目の前の楽しみを無視してもいい。俺はそういうやつじゃない。楽しいものがあれば立ち止まりたい。そういうふうにして生きてきた。でもそれじゃない生き方も、あるんじゃないか。仕事ばかりをしていれば仕事が楽しくなる。それはある。絶対ある。だから、芸術やゲーム、楽しいものを捨てないにしても、割り振り方を考えてもいいのかなと、大人のようなことを思ってしまう。どっちのほうが楽しいのかわからない。でも予感はある。予感というか、昔から常識のように言われてきた、ゲームばかりやるんじゃない!という、叱りのフレーズ、文化、ミーム、はおそらく正しいから、そう、大人のような、大人になるなら、そっちなんだろうな。寝るか、

あたまがいっぱい

まともに働かず煙草吸ってBFやるだけで年齢重ねてしまった。この体では仕事も恋愛もできない。宗教の問題もある。と言い訳にしてた。希望がなかったからとうぜんとも思う。今までやってこなかったのは状況から鑑みて当たり前。現状人よりキツイ状況でスタートしている。しかしわかってもらう必要はない。(まわりにも、想像もつかない苦痛の中生きてる人はいるのかもしれないが、考えないことにする。)年齢が上なのに社会人としての基本的なことができていないのが恥ずかしい。人よりもできなくて当たり前、と思ってはいるが年齢が重なっているぶんきつい。プライドが高い

そんなことはないのに、俺を正しく理解してくれ、と訂正したくなってしまう。我慢して、訂正しないほうがいい?

目的は仕事ができるようになること。今の自分を認めてもらうことではない。

kaorubunkoさんのツイートで、自分が玉か石かわかってからが人生スタートとあった。

頑張った先に何があるの?なんて問いの答えは芸術でなんども体験している。俺は人よりも芸術を知っている。素晴らしい芸術を知っている。しかしインプットに過ぎない。自分の人生では生きていない。ペシミズム。諦めの中の冷めた目で、健康なやつらはいいな。俺だって戦いたいと言いながら戦いに参加しなくていいことに安心していたのだろうか。頑張った先が平均以下で、それまでの過程もプライドが傷付けられるような、心が折れるようなもので、

というのは確実ぽいな。

確実ぽいけどまあやるんだろう。死んだりするのは現実的ではない。

工夫は楽しい。Outlookのいろんな機能や、マクロを使ってうまく仕事を捌けたら楽しいだろうな。ただその、人間相手の仕事であるという大前提、の部分が苦手だという以前からわかっていたこの問題が、先天的なものなのか、または修正可能なものなのか、修正可能ならどの程度はまともになるのか、ある程度のパワーをかけていくつかの打ち手を試した後でないとわからない。

わけわかんねえな。頭いっぱいでねれないから書いたけど、見直ししないでそのまま入稿

 

サマーセール

金と名誉と不老不死を得てこの世の快楽を貪り尽くす!ことなんかよりも、肉体を離れて幽霊としてさまよいながら色んな人の人生を見たりしたい。という欲の方が強いのだ俺は。と思っていたが、それならドキュメンタリーを観るのがあってるのかなと思った。岩渕弘樹監督の「サマーセール」を見て思った。

被写体の演じてない姿と、作り手の洗練されてなさ、みたいなものに惹かれる。サマーセールで言えば大森靖子と岩渕弘樹。そういうところ、ありのままであったり洗練されてないところが好きだから、レディプレイヤー1よりもサマーセールのほうが、ハリウッド映画よりも自主映画が好きなんだろうと。ついでにいえば峯田や大森靖子やピーズが好きなのもそういうところなのかなと自己分析してしまった。

以上。

ブログを書きはじめたのでついでに他に思うことを書こうか。

なんだろう

特にないか

通う病院の数は減ってきた。体は安定している。仕事も、そこまで苦なくできている。むしろ、積極的に仕事を覚えていきたいとさえ思っている。サマーセールを観た後の駐車場のおじさんに、今の仕事がやりたいものなのかちゃんと考えろよと言われたが、今の仕事がいいんですって答えた。本心で。駐車場のおじさん、西山さんはかまどを売る仕事を一人でやっているらしい。駐車場の仕事を休んで本業のかまどを売る仕事で国内を飛び回っていると言っていた。このあいだは館林に行ったらしい。館林を調べたらすごいな、群馬と栃木と埼玉はこんなに複雑な形で入り組んでいたのか。どうでもいいな。書いててつまんねえわ

テレクラキャノンボーイを借りてきた。エーテツやふじのとやるフォートナイトが楽しい。明日日曜はそこらへんを消化しつつ、Office365をいじくったりしつつ、彼女が買った7days to dieが明日届くから少しプレイするのかな。俺としてはフォートナイトのほうがやりたいし、もっといえば、覚えなきゃいけない仕事がたくさんあるから休み使ってでも覚えたいんだけども、時間が有限なせいで困ってる

備忘録や報告としてブログを使うつもりはないけど、煙草をやめたことを書いていなかったので書く。そろそろ三週間目。ニコチネルを使用。

世の中の変わっていくスピードがやばい。インスタストーリーズってなんなんだ、広告メディアはこれからこんなふうになっていくのか。それならう