この時代

オーバーウォッチのランクマを回し、やっとこさ2000代まで戻してゴールドになったがまた1950に、落ちた。卓球をやっていたときの気持ちを思い出す。一回戦を勝ち抜く力もないのにまじめに打ち込んでいた。目の前の敵にハンマーを振り回すだけで、キルログも見ずシャターを打つようではだめだ。自分がどう操作するべきかではなく、まわりの中にいる自分として、どう動くべきかを考える。

owをしている時間やyoutubeを寝転んで見ている時間は悪で、仕事に向き合ってる時間は善なのか。善を、社会での生きやすさと捉えるならそうなんだろう。でも、実際の世界はそんな二元論ではない。owやYouTubeで稼ぐ人たちが出てきた。陰陽が混ざってきた。愚直じゃない生きたかも俺にできるんじゃないか。俺は効率や合理的という言葉を使うわりに生き方が下手で、卓球もowも映像も下手の横好きでしかなく、仕事もだめ。コンテンツを摂取して語るときに輝くことがあるが、最近はそんな場もなくなってきた。

ファイト戦う君の歌を戦わないやつらが笑うだろう とテレビで最近の歌手がファイトをカバーしていた。俺はばかにして笑った。おれがまさに歌詞に出てくる戦わないやつらだった。しかし俺は何に戦えば良いのか、それがわからなくて呆然と、youtubeを見て、owをして、あとで罪悪感を感じて、何を本当にするべきかと言えば、おそらく仕事を真面目にやることが正しいらしい。けどそれも、真面目に仕事をすることが善であるという空気、イデオロギーにとらわれているだけで、いまのこのAIビッグデータ時代に、かすみたいなデータで課題解決型営業をやることが将来のスキルに繋がるのかと、そんなことを考えて手が止まって散歩などしている。

将来に繋がるスキルを得たい理由は、仕事で認められたい、楽に生きたい、仕事を生きがいにすることで楽しく生きたいなどの理由がある。限られた良いポジションにつくという欠乏マインドではなく、この世界にはみんなが手に入れてもあまりあるほどの資源があるという豊かさマインドか必要であると7つの習慣にあった。豊かさマインドは事実なのか?と疑っている時点でパラダイムがひとつ低次元なのか。

おれのいまいる位置、つまり、この変わりゆく時代に、新しいことを生み出す側ではなく、ただ流される位置にいて、生み出す側のエンジニアにも起業家にもインフルエンサーにもなれない消費者として、生きることは、最終的に俺は満足できるのか?なにかをしたとしても、間違いなく微力である。俺一人の盾管理など関係なく、ピックの不利で負けが決まった試合のように、なにもする気にならない。しかし、インサイドアウトの考え方や、貢献感を幸せとする思想、刺激と反応の間には選択の自由があるなどの感覚が救いになるのだと思うときはある。このあたりを血肉にすれば救われるのではないかと。本を読んでインプットして、この本を読めば俺は救われるのだと、ひとつレベルアップするのだと思って読んで、そのあとも変わらぬ毎日が続く。昔映画をみるときもそんな気持ちでいた。自分を救うかどうか、自分を救わないものなど観ても仕方ない。それならもう麻薬コンテンツを摂取すれば良いと、マックのような、ジャンクフードのようなコンテンツを摂取するだけで腹を満たしたほうがマシなのではと思ったりしていた。している。真理を求める心はやはり俺にもあって、真理を求めて道を誤る人たちの気持ちがよくわかる。

俺はわりとひとつのものにハマらずいろんなものを知りたいと思うタイプで、そういう人は比較的少ないらしい。ひとつのものを身につけないことで、キャラクターとしてアピールできるものもなく生きづらいと思っているけど、そのあたりも長所にできるのかな。俯瞰した言い方しかできない典型的ツッコミ側人間で、痛々しくもかっこいい俺の好きなボケ側の人たちと真逆にいて恥ずかしい。

最近気づいたけど会社の人たちも意外にYouTuberを見ている。見ていて当たり前の時代になった。街並は変化しないがスマホの中がこの10年で大きく変わった。スマホの中だけの変化だが、スマホの中がほぼすべてになった。安宅和人のいうようにたしかに面白い時代に生きている。安宅和人のポジションにいる人なら、この面白い時代フェーズ2で日本をさらに盛り上げることができるのだろう。その人たちはきっと、強い人脈か強い頭脳のどちらかは少なくとも持っていて、新しいコンテンツを生み出したり改良したりしているのだろう(ぼやっとしたイメージでしかないけど)。俺はそのうねりの中にいることはできない。一人一人が輝ける時代になったという。でも俺はガンガン発信するタイプじゃない。興味の幅が少し広い消費者でしかない。一億総クリエイターというなら、もっと、今よりももっと気軽にクリエイト&発信できるようになってくれないかな

目の前の娘の世話や、目の前の風呂や、目の前の飯や、目の前の仕事、をやりながら、コンテンツを色々消費して、ああこんな時代になったんだと驚き、娘が5歳くらいになり、一緒にゲームをしたりできることを楽しみ、仕事ではうだつが上がらず、覚醒コンテンツを頑張って消費しながら咀嚼できず、麻薬コンテンツに逃げ、おれはどうしたら楽になるのかとまだ考えながら、老いよりも劣るスピードで小さく成長した35歳のおれが見える。スキエンティアの短編のように、これから何者にもなれるのは事実。それはわかる。でもなれるというのはcan的な意味で、潜在的になり得るというだけで、…

ちからをどこに向ければいいのかがわからなくて苦しんでいる。もっと力を抜いて、コンテンツを楽しみ、自分の強みを伸ばし、社会でも価値のあるものに変換できると信じて工夫していくことが大事なのではないか。とここに書くことはできる。できるが、日々の中でそれも忘れる。

適用

リモートワークが二ヶ月になろうとしている。だいぶはじめの方から感じていたことだけど、集中できない。パノプティコン的に機能していた上司の目も異動によりなくなった、

リモワになる前、ゲームをせずYou Tubeを見ず読書をして、有意義に過ごせていた。今は完全に崩れた。暇さえあれば福満しげゆきTwitterを見たりして仕事が進まない。とにかく意味のありそうな本を読めばなにかが開けるかと思って7つの習慣や嫌われる勇気などを読んでみたりもして、心にもある程度響いたはずだったけど、今の俺の日々を見ると、うまく取り込めていないんだなと、芯に響いてはいなかったんだなと思う。

やらなきゃいけないことはわかっている。あれをやらなければいけないのだ。わかっている。人に見られながら、監視されながら仕事をするのは苦痛。自分の好きな環境で仕事できたらどんなに良いのに、と思っていた。本当に自分の好きなように仕事をしたらなにもできないんだなと。福満しげゆきはこんな環境でもしっかり描いてて偉いよな。

このままコロナで、世界がだめになってしまえばいいんだが。自分に妻と子供がいてもこんなふうに思うんだから、一人だったら特に思っていただろうな。皆が等しく不幸になるなら楽しいイベントでしかないもんな。ただ最近、もうコロナ以前の世界には戻れないという話を聞いて、まじで?もう普通に外に出ることはできず、常にコロナに怯える世界になるってこと?と、さすがにびびった。そんなディストピアに娘を生んでしまったのかと。ただまあ、コロナでディストピアになったところで、個人レベルで見たらそこまでの不幸じゃないしな。個人の病気や生まれ持ったハンデに比べたら、平均のスペックでディストピアに生まれるほうが幸運だ。そんなふうに個人にとっての影響だけで物事を視るのは、第4~第6の習慣とか、アドラーの共同体感覚を思うと、視座が低いということなのか。

とにかく今はもう、今この瞬間サボりたいという気持ちと、昨日めちゃくちゃサボったことによる罪悪感のふたつが混ざって気分が悪い。それは昨日もそうだったし、かなり頻繁にそうなる。

具体的には、朝まず仕事に取り掛からず読書をして、それからOWのまとめサイトを見たり娘と遊んだりしつつ、散歩にいって帰ってきてから福満しげゆきTwitterを見て、その後メールチェックをした後にニューヨークのYou Tubeチャンネルを見たりして、その後昼飯を食べてから一旦寝て、それから午後の社内会議の準備をして社内会議が終わると散歩に行って、夕方少し早めにご飯を食べて、それからPCの電源をお取り組みありがとうございます。PCの電源を落とすとタイプしようと思って「おと」で「お取り組みありがとうございます。」と変換された。会社PCの弊害。こんなふうにおれも、一秒でも時短できるように工夫した時期があったな。それが今では一日まるごと無駄にしている。ただこれを無駄と言って良いのか。7つの習慣では、緊急ではないが重要なこと、つまり第Ⅱ領域が大切だと、現代人は多忙で緊急かつ重要な第Ⅰ領域や緊急であり重要ではない第Ⅲ領域ばかりをおこない、ある種の忙しさに安心感を覚えていると言っていた。福満や芸人のYou Tubeチャンネルはおそらく第Ⅳ領域だが、読書は第Ⅱ領域だ。いまやっていることが間違っていると誰に言える?俺は仕事らしいことをして安心しようとしているだけなのではないか?辛いと思うことをやろうとしていないか?辛いことが仕事であると思って、辛いことをやろうとしていないか?本当にやるべきことを見ろ。本当にやるべきこととは…と、そんなことを考えながら散歩をしている。この先の、本当にやるべきことというのが、あまり定まっていない。7つの習慣ではミッションステートメントといっていて、同じように、エッセンシャル思考という本でも、本当に重要なことだけをすると言っていた。ただ今Kindleでエッセンシャル思考を開き直して、【エッセンシャル思考は、より多くの仕事をこなすためのものではなく、やり方を変えるためのものである。そのためには、ものの見方を大きく変えることが必要になる。ただし、それはかんたんなことではない。慣れ親しんだやり方(そしてそれを当たり前に思う人々)が、常にわたしたちを引きずり戻そうとするからだ。(中略)エッセンシャル思考になるためには、3つの思い込みを克服しなくてはならない。「やらなくては」「どれも大事」「全部できる」ーこの3つのセリフが、まるで伝説の妖女のように、人を非エッセンシャル思考の罠へと巧みに誘う。うっかり耳を傾けようものなら、不要なものごとの海に溺れることになる。エッセンシャル思考を身につけるためには、これら3つの嘘を捨て、3つの真実に置き換えなくてはならない。「やらなくては」ではなく「やると決める」。「どれも大事」ではなく、「大事なものはめったに無い」。「全部できる」ではなく「何でもできるが、全部はやらない」。】というところを読むと、というか今模写すると、そうだったそうだったと思い出すのだが、ああおれは、このように何かをわかった気になって、、、、研修で覚えなくてはならないことがたくさんあるのに、これは大事ではないなどと切り捨ててあとで困ったりするのだ。世の中をシンプルに切った金言が古典にはたくさんあって、しかしおれはそれらをうまくこの世に適用できないのだ。

喘息

仕事カスみたいにやる気でねえ。喘息でてきたしハヨ帰りてー。ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああどんな感じで仕事してたんだったかな。いまやるべきことひとつだけ紙に書いて消化していくややるか

こじらせブスのMさん

疲れ果てたが仕事を進められないのでブログを書く今ここは三条のコメダ珈琲。書くことはあるのだろうか。しかし会社のPCはタイプしやすいな。家のmacをかっこつけてUSキーボードになってしまったせいでEnterと伸ばし棒をタイプするときに必ずタイプミスするので全く文章がかけなくて困る。というかじたくのPCじゃ妻がうしろにいないときしかかけないのでどちらにしろ無理。近頃はカネに余裕があるので生活を良くするものであればいくらでもお金を使いたいと考えている。今の会社はインセンティブの割合が大きい。俺は金が無い時代が長かったので、必要以上の金はいらない。年にボーナスやインセンティブで10~20万の上下があったとしても、その20万をとりにいくために頑張ることはできない。営業のため、売上目標がある。売上目標をクリアするのが大変。かといってインセンティブには動かされない。

会社のブスな女の先輩(Mさん)は見た目がかなり終わっている。おしゃれしているが、シャツが小さくてかがむと背中の肉が頻繁に見える。いつかケツの割れ目が見えたこともあった。ブスデブのため、乳の谷間が見えることもある。体のラインが見えてしまっていることも多い。かなり致命的な見た目とこじらせた性格のため、嫌悪感と、見下すような態度をとってしまう。だがこのMさん、仕事では結果を出していたり、別の部分では常識があったり食べ物やマナーに対して博識であったり、変に社内の人間に認められている。このMさんとの関わりが仕事をする中で一番多く、俺のストレスの大部分をこのMさんが占めている。Mさんと俺の上司であるKさん(美人上司)は異動したばかりで現在の部署の経験が浅く、実務ではKさんはMさんに頼る形になる。シングルマザーのKさん30歳はとこじらせブスの31歳の年上の部下(部署経験豊富)の関係も複雑で、実質Mさんが我々のチームの中で発言権が強くなっており、ストレスがたまる回数もまた多くなる。

会社の愚痴は筆が進むな。でもきょうはここまでにしよう。

失敗の本質

Kさん(30歳美人直属上司)が今カーネギーの人を動かすを読んでいると言った。昨日の同行訪問しての車の中で。毎月課題図書が部長より与えられているらしい。来月は失敗の本質を読むとのこと。綺麗でコミュ力営業力もあるが異動したばかりで現在の部署の知識は少なく、上司といっても、パリピ寄りの人間と思ってどこか下に見ていた。それが、人を動かすと失敗の本質を読むだと?最近、本を買っても全く読みきることができていない俺は、なんかいつか読まなきゃいけない古典というやつに特に苦手意識を持っていた。しかし、人生100年時代、そして専門をもたない社会人として生きていく上でここらへんの古典は読んだほうがいいよな、将来的には…と思い、すぐに読まないにしてもKindleで購入だけはしておこうと思っていた。そこにまさに、本なんて読めるの?と思っていた上司がこれらの古典を読んでいると知り、ムム、やはりこの会社の人はここらへん読んでるんだな、いけすかねえポジティブ野郎たちが意外にもスマートなんだなと、外面内面ともに負けているんじゃないかと、思った。

なんやかんやあって人を動かすを来月25日までに読了せよとのミッションがくだった。いや、あなたの来月の課題図書の失敗の本質も含めて即読んでやる。コミュ力ないのに本も読めないとか話にならない。何か勉強など向き合うものが欲しかった。そうじゃない社会人なら読書をすればいいのだ。

糞ビジネスフレームワークとか糞課題解決思考みたいなものでうまくやってやがる糞共…ではなく、スマートに読書もしているやつらが多数なのかもしれない。気付けばどの面においても勝てず、少しExcelが得意なだけの扱いにくい30代社員になるのは嫌だ。少しExcelが得意で必読書も読んでて意外に馬鹿にできない扱いにくい30代社員になったほうがいくらか良い。失敗の本質を読むために公園のベンチに来たが現在27ページ。早速ブログに逃げてしまったがこれから。

タイプがうまくできない

ハイキュー、今週で一気に時間軸が動いた。まじかーと思う反面、なんとも、、、、ああ書くのめんどくせえないきなり。三連休三日目深夜、これから何をしようかと思って、ホリエモンが毎日ブログ書くとかめんどくさいことをやれよめんどくさいことがコスパがいいんだよ。そうすれば何がバズるかとかだんだんわかってくるしとか言っててそれもそうだな、俺のブログでPVが伸びたのハイキューの記事だったな、ハイキューの記事を毎週書いていれば何かになっていたのかなとか思ったけども、まあ、どうでもいいな。Macのキーボードと仕事で使ってるthinkpadのキーボードが全然違うのでまともにタイプできない。あまりにも誤字脱字が多すぎてわざわざ直さないとマジで何書いているかわからなくなってしまう。でもある程度の誤字は気にせず書いていこう。といいつつ、何を書くべきかわからない。一応ハイキューのことでも書こうかと思っていた。¥いつか、ハイキュ0の試合は結果が読めてしまうとブログに書いたことがある。今回はそうではなかった。鴎台戦、予想外だった、この予想外という気持ち、連載漫画を毎週連載で読んでいなければ感じることができないサプライズ名だけに、本当に衝撃的。山王戦を後に読むのとリアルタイムで読むのでは全く違う、巻数が少なくなっていくことで、スラムダンクが終わると知りつつ読むのと、続きがあるつもりで読むのでは全く違う。ハイキュー、¥スラムダンクに近づいたなと思った。一方でネットの藩王はあまり良くないらしい。」確かに、日向が二年生になってからの話も読みたかった。」¥ハイキューの優れた点はたくさんあるが、腐女子やティ〰ンニ¥好かれているのは聞くが、¥いわゆる漫画好きがハイキューを好きだと聞くことは少ない気がする。別の嫌なことを思い出しrてしまった。¥仕事の別の県のGMと漫画の話をしていて、GMの読んだ漫画リストを見て、あーこの感じならシグルイとか嘘喰い、キングダムと会員じゃないですか?と上から目線で話してしまったこと、同じGMに、今度同行お願いしてもいいですか?と全くその気がないのに言ってしまったこと、思い出す。失敗だった。そんなこまけえことはどうでもいいな、今困っているのか、自分がどこに向かえばいいのかわからないこと。仕事がもう少しできるようになりたい。人生をもっと、まともな方へもっていきたい、いやいま現状十分良い状態ではあるのだけど、たまたま赤ドラいくつか引けただけで、適当な内回ししてたらテンパイしても振り込むだけだよって思う。オーバーウォッチでドゥームフィストがうまくなればいいかな、この日曜日は。というふうに考えていた今日。それでいいのだろうか。今俺がするべきことはこれでいいのだろうかとよく考える。だからこそ、皿洗いとか風呂掃除とかゴミ捨てのような家事をしているときは、ああ今間違ったことはしていないなと言う安心がある。仕事でも、かんたんな雑務をしているときは安心する。自分は考えることが好きな人間だと思っていた。論理的だと思っていた。頭の回転が速いと思っていた。むしろ逆で、何も考えなくて住むことが好きで、直感的で、頭の回転は遅い。だから仮に運動神経があっても球技はできなかっただろうな。。ハイキューの烏野高校の皆が超攻撃型で頭フル回転で動いているのを見ると、オーバーウォッチで敵のウルトの声が聞こえても瞬時にどうすべきか判断できないような俺は頭の回転が遅いというか、上達の方法のほうなものを意識しないでプレイしているんだなと、勉強のやり方がわからない中学二年生と同じだなと。目がシパシパする。オーバーウォッチでカオルとフジノとミステリーモードをやって思いのほか楽しくて目がギンギンになってしまっていた。

俺は、」もうまともに本を読んだりできないのかもしれない¥。三体やトヨトミの野望など、途中ですぐ飽きてやめてしまう。小説だけではなくてそれ以外でも、結構気軽にキンドルで本を買って、読まずに放置している。You Tubeばかりみてしまう。自分が今YouTubeの方向を向いているならそっちでなにかできないか探してみるべきなんだろうか。Overwatchの方向を向いているならそっちなんだろうか。経済の方、データ分析の方、マーケティングの方、を向いてみようにも、楽しめずにすぐにへたれてしまう。自然と行ってしまうこと、の方向で何かをするべきなんだろう。例えばYouTube可好きならYouTubeの人になればいいんだと、Overwatchが好きならe-Sportsでなにかできないか考えてみればいいんだと、そうホリエモンや西野や箕輪なんかは言うんだろうけど、そういうのができるのも才能だよなと、エネルギーがあるよなと思う。¥俺の得意なことであった編集という能力は、今は殆どのユーチューバーが持っていて、しかも相当似レベルが高い。¥この移り変わっていく世界で移り変わり方もどんどん加速していく中で、¥自分の市場価値がどこにあるのかしっかり考えないまま、今の仕事をしていていいのだろうか、今の会社の価値観の方向での成長を目指していていいのだろうか、俺は今何をすべきなのだろうか、ということを考えながら体を保湿しながら俺はいつもその後加藤純一の動画を見たりしながら寝ている

大森靖子ハンドメイドシンガイアツアー 新潟公演

大森靖子が好きとはなかなか言い辛い。まわりの、センスがあると思う友人達で大森靖子を認めているひとがいないからだろうか。自分のセンスだけでは自信がないのか。あまりにも、美しすぎた。所作のすべてが、そもそも顔が美しい。調べたわけじゃないがたぶん整形だろう。整形でなければあまりにも美しくなりすぎて説明がつかない。背中のジッパーのYouTube動画の頃と、TIF初出演の謎の感動というタグをニコニコでつけられていた頃と、サマーセールで失礼な岩淵弘樹にすら怒らず表現していたあの頃と同じ顔だとは思えない。いや、整形かどうかという話がしたいわけじゃない。人が才能を認められて、進化して美しくなったその姿が凄すぎて圧倒された。

新潟のGOLDEN PIGS、想像以上にメンヘラぽい格好の女がたくさんいた。やばい見た目のメンヘラ、可愛いメンヘラ、普通のブス、普通の可愛い子など女の子が8割を占め、残りは汚いオタクだった。6年前はじめてYouTubeで見たときの大森靖子よりも3年前のARABAKIで見た大森靖子は可愛くなっていた。今日観た大森靖子も可愛かったが、よりアイドル感が増していた。ZOCの影響だろうか。そういえばZOCのfamily nameも弾き語りしていた。弾き語りパートではまわりでらすすり泣く声が聞こえた。フェスの不特定多数向けではなくワンマンにくる層に対して直のスペクトル。刺さる。いや、正直俺は大森靖子の世界観が刺さっているわけではない。女の子ではないので刺さっていない。2割いた汚いアイドルオタクでもなく、ただ、背中のジッパーの動画を観たときからあの痛々しさとかっこよさのバランスに打ちのめされ、その動画をツイッターにあげたふるやくんが、もう大森靖子にそこまで惹かれなくなったようなことを呟いていても、俺はあの打ちのめされ、を続けている。あのパワーは間違いがない。3年前のARABAKIではじめて峯田をみたときに思った、あの、峯田が良かったと言うだけでなく、俺は俺の人生をちゃんとやろうと思ったそのときと同じことをまた思った。大森靖子本人の輝きを観に来たし、それが観れた。ただ、ほかの刺さっている女の子たちが刺さっている大森靖子のメッセージ、ブスとかなんとかそういう外からのムカつく評価じゃなく自分を愛せとか、それでも外からクソみたいな評価がきて辛いけどそれでも…みたいな、たぶんそういうやつは、娘がもしブスになったとしても、救いになるんだろう。会場ですら男の目線でブスが多いなとか意外と可愛い子もいるんだなとか見ていた俺はその厄介な外からの評価の一部なので、今更ブスの光を祈ることはできないが、娘がブスになったらその光を信じたいし大森靖子がその先頭にいてくれるとしたらありがたい。