読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性交体験

仕事終えて帰る途中カオルからfacetimeが来た。エミュでバトルドッチボールをやってるのを見せてきた。カオルがバトルサッカーをはじめた頃自宅に着いた。そのあとザグレイトバトルを4、5、2の順でやっているのを見た。音楽から演出、セリフ何から何まで懐かしい。コンパチヒーローシリーズの思い出は主に二人プレイだ。従兄弟とやってたのを思い出す。

カオルとの通話を切って風呂に入ったあと二時間寝たが起きてしまった。明日の仮定法の予習をやっていた。仮定法がサラっと口から出てくるようになるのは難しいだろうな。If I were youも瞬時に出てこないのにif I had been youとかHad I been youなんて出てくるわけない。パズルとしてとらえてるから頭の中で組み立てるのに時間かかるんだろうな。感覚で出てくるようにしないと。

教室に誰もいないのをいいことに空いたコマで英会話をした。アイフォンのスカイプの音質は悪かったがセルビアの先生がゆっくり話してくれたのでちゃんと会話ができた。BFのヘリのように、麻雀のように、動画編集のように一気に時間注げばちゃんと成長する。こういうのは成功体験が大事だ。定期テストの意義もそこにあるんだろう。どう力を注げば結果が出るかを学ぶ意義がある。努力しても結果が出ない子は辛いだろうな。

金曜の猫科の動物みたいな中3の子の学校では単語をひたすら書かせる。教科書の進出単語をそれぞれ10回ずつ。そのプリントを週一くらいのペースでこなさせてる。猫科の動物の子は単語の日本語訳もその単語の読み方も知らないまま10回ずつ単語を書いていた。prefectureを県と知らぬまま、読み方も知らぬまま10回書く。p-r-e-f-e-c-t-u-r-eという並びで順にアルファベット書いてるだけに近い。電話番号覚えるレベルの労力。この努力で結果が出るわけない。失敗体験を積み重ねるだけだ。こういう失敗体験を積み重ねることは教育じゃない。マイナスになる。新しいことに挑戦する意欲がなくなって当然だ。

運動については俺も相当失敗体験を重ねてきた。挑戦する意欲がなかった。どうすれば成長するかわからないままやみくもにやっていらついてた。大学でスノボに出会ってなかったらずっと引きずってたかもしれない。勉強できない子も一回成功体験あればうまく巡りそうだ。

恋愛に関しても成功体験失敗体験てあるよな。恋愛に関しては失敗体験が一番の悪ではないな。何もしないのが一番悪い。失敗体験黒歴史をどんどん作る気持ちじゃないと動かない。性交体験。それを10代のうちにできないとそのまま引きずる。性交だけじゃない青春の象徴のようなものはあとで取り返せないから もういいや朝飯食ってねよう。この生活リズムが一番自分にあってる。変に朝起きる生活にする必要ない。完全に生活が逆転してる人だと成長ホルモンとか出る時間もズレるのかな。そこについて触れてる記事あんまりみない。ライフハックの記事とか見るの大学のときハマってたけどあれで人間変わることはないよな。