読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿にてsyrup15gさんと

酔って眠いときの、まとまらないことをごちゃごちゃと、っていうのを、いつもの滑舌の悪さを加えた形で出してしまった。帰りの新宿駅京王線改札までの道。
今日の俺の良かったところ。吉川宏志の名前が出たときに短歌をちゃんと言えたこと。悪かったところ。緊張してるのに緊張してないふりをはじめからかましてたこと。わからん、酔ってるからかな。思っていることは書けない。思ったことを書こうとしても書けないときは、覚えていることを備忘録的に書いていく。
11:30頃新宿、シロップさんを京王線の改札で送ったはずなのに、大江戸線を目指して20分歩き回ったあげく、何故か京王線に乗り新宿三丁目に行き戻って今また新宿。今こそは門前仲町に向けた大江戸線のホームで待っているはず。酔いがなくてもわからない新宿ダンジョンを酔いと眠気加えて攻略など難しかったのだ。
もはや抽象的なことを理解する力もないのに、自ら抽象的な話をふり、シロップさんだけでなく自分自身も理解できないような流れを作った。恐れていた事態のひとつ。
今0時10分。大江戸線に乗り門前仲町を目指した電車に乗れたらしい。よろしい。汗で顔がドロドロ。気持ち悪い。
緊張していて、緊張を悟られないように、喋らず黙るやつを客先訪問のときと同じようにやってしまっていた。
とととりとんの店員は可愛いかった。おれはああいうだらしない顔好きだよ。元の顔が完成されてる美人より、努力して作られた、男を求めているような化粧の、顔の女が好きだよ。
彼女であるNY(彼女というのが恥ずかしい)、のぼやけた写真を、絶対可愛い!とか、セフレ(ということにしていた)Aとのプリクラを羨ましがってくれたり、SHちゃんの写真を、誰ですか可愛いと言ってくれたり、調子に乗って自分から見せたYちゃんとの公園での写真や動画も、めっちゃいいとかなんなんですかとか言ってくれたのを、ただ満足している。だろだろ?おれは実は意外といけてるんですよ?とわかってほしかっただけ…ではない!
自分のカメラロールを見せるという経験を一回してみたかった。腕が薬で紫色になってる写真も入ってることに気付いたがかまわん。微グロの、シロップさんのチンポも見た。実は見てたんですが、Mちゃんの話が盛り上がってたので何も言いませんでした。グロかったです。
ああああああ忘れていたことに今気付いた。ツーショットで写真を撮りたかったんだよシロップさん!!いつか忘れてしまうからこその写真って話をしたのに、シロップさんと写真を撮るのを忘れていた。
カラオケにもし行ったら、下手でもいつかちゃんのように全力で歌えたらな、と思っていたが、ATフィールドを突破できるほどの酔いまで持っていけてなかった。
女のブスってまじで人生きつくない?!と割と大きめの声で言ってしまったとき、一瞬隣の席のババアがシン…とした気がしたが、ゲスな内容を楽しく話せて良かった。
喫茶店に行きませんか?とか、カラオケに行きませんか?とか、恥ずかしくって勇気のいるほうの役割(少なくとも俺にとっては)を担ってくれてありがとうございました。
0時36分、もう門前仲町に着く。右の男のスマホにはエディマーフィ、左の男のスマホにはパズルボブル
昨日シコったのだから今日はシコらず、と思っていたが、連続シコのあと一日置いてNYに会ったほうが精子溜まることと、シロップさんとの友情の証を兼ねてシコった。


「とっくに自問自答を済ませて、その上で王道、だったのですね。
覇道を突き詰めるべきか、いや、普通こそ俺の目指すべきところだったのだ、さればもう一度、と俺自身も似た考えを経ていたのに、自分の悩みもシロップさんの文章も忘れてうっすーい感覚をさらに引き伸ばしてた内容で貴重な最後の時間を使ってしまったことを悔いています。だったら道行く女に点数つけて遊んだり自撮りツーショットを2人が完璧な写りになるまで100枚ほど撮っておけばよかったです。
またいつか。」