読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18歳裏面穴ミルニート

映研時代の、一年のときの写真を見た。HYが撮って、KNYが送ってくれた写真。18歳の、大学1年のときの俺。酒を存分に楽しめている。写真を撮るほうが多い俺は、本当は撮られることを望んでいる。撮られてもいつも同じ笑顔しかできない俺が、酒のおかげで表情豊かで、こんな俺の写真があったのかと嬉しくなる。

 

一か月前YSちゃんに誘われて市の卓球のサークルに行った。冴えないおっさん3人のサークルだった。昨日は2回目、急遽YSちゃんが体調不良で俺一人で行った。反転ペンで、柔らかいラバーをバックに貼ったラケットで裏面レシーブを体験させてもらった。下回転をバックで返す、というのは新鮮だった。こんなことができたら幅広がるよな。自分でやってみてはじめてわかる。今まで知っていたペンのスタイルがまったく別物になる。これは楽しい。

 

三週間前からルイスサッカーの穴を英語で読んでいる。まだ90ページほど。挫折するような気がする。もっとレベルの低いものを選ぶべきだったか。

 

会社でコーヒー用品を借りたり貰ったりして、昨日からコーヒー作りに励んでいる。ミルで挽いて、ペーパーフィルター、フレンチプレス、ソロフィルターいろいろ試して飲んでみた。コーヒーは苦手だと思っていたが、うまく淹れられたときはうまく感じた。お父さんと会話して試行錯誤しながらコーヒーを挽いて淹れて、っていうのが楽しかった。

 

とあるニートの日常、を久々に読んだ。ニート時の無気力感、働くという地獄の生活を案外ふつうにこなせていく過程、おもしろい。芸術で飯食ってないセミプロで実力がある人、っていうのが一般人の視点があって一番惹かれる。そういう人はなかなかいない。