読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっぱいの天才

ハローワークに失業保険の申請に行ってきた。離職票のコピーをお願いした研修中の女の子が笑顔で対応してくれて嬉しかった。こいつ俺のこと好きなんじゃないか?爪まで可愛い、たくさん質問しよう、と思った。最近オナニーをしていないので自信がついているのかもしれない。

市役所に国民年金と健康保険の切り替えに行ってきた。前回パスポートの申請に来た時にいた、アイアムアヒーローのスコップのクルスのような男がまたいた。前回と同じように市民用のPCを占領していた。全身スウェット姿で椅子に片膝をついて長髪を垂らしながらニヤニヤしていた。国民年金は免除を申請した。月16000円を今払っていたらまずい。健康保険は月9回支払いがあり年間で合計23万円らしい。これは死ぬ。生きているだけでこんなに金がかかるとは。優雅な生活ができている気分だったが俺はやはり貧困層だなと思い直した。これに家賃を加えて生きている人はやはり超人かゾンビのどちらかだよな。俺はゾンビになる道しか見えなかったので東京行きは難しいかななどと思った。

フリーター薫さんのどうしてボクには仕事がないんだろうをまた手に取った。主演滝藤賢一で、山中崇なんかもでてきて、おっぱいの天才の子や59ページの新人の薬剤師なんかは誰がいいかな、とか考えながらうんこ貯金箱の章まで読んだ。今浸透しているうんこ製造機まで辿りついて欲しかったなと思った。106ページの内容で声に出して笑ってしまった。ダメな人の書く文章の方が圧倒的に面白い。レズ風俗、夫のちんぽの流れでガンガンブーム来て欲しい。

f:id:nAveon:20170420001519j:plain