読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンス

今週のお題「2017年にやりたいこと」

死にたい。踊ることもだるい。

ダンダンダンス上p.182

「そう、それだよ。傾向。おいらは思うんだよ。もう一度人生をやりなおしても、あんたはきっとまた同じことをするだろうってね。それが傾向っていうもんだよ。そしてその傾向というものは、ある地点を越えると、もうもとには戻れなくなっちまうんだ。手遅れなんだ。そういうのはおいらにも何ともしてあげられない。おいらにできることはここの番をすること、いろんなものを繋げることだけだよ。それ以上のことは何もできない」

「どうすればいいんだろう、僕は?」と僕は前と同じ質問をもう一度してみた。

「さっきも言ったように、おいらも出来るだけのことはするよ。あんたが上手く繋がれるように、やってみる」と羊男は言った。「でもそれだけじゃ足りない。あんたも出来るだけのことをやらなくちゃいけない。じっと座って物を考えているだけじゃ駄目なんだ。そんなことをしたって何処にもいけないんだ。わかるかい?」

「わかるよ」と僕は言った。「それで僕はいったいどうすればいいんだろう?」

「踊るんだよ」羊男は言った。「音楽の鳴っている間はとにかく踊り続けるんだ。おいらの言ってることはわかるかい?踊るんだ。踊り続けるんだ。何故踊るかなんて考えちゃいけない。意味なんてことは考えちゃいけない。意味なんてもともとないんだ。そんなこと考え出したら足が停まる。一度足が停まったら、もうおいらには何ともしてあげられなくなってしまう。」

 

このあとも羊男の説教は続く。固まってしまったものをほぐせと、きちんとステップを踏んで踊り続けろと。そのあと主人公は「さて」と言う。さてのあとが続かない。俺も続かない。さてさてさてさてさてさて

カオルがログインしたからオーバーウォッチをやる。意味なんてないし考えるのも無駄だけどそれで踊りもしないでゲームをやってそんで会社に行くとうまくやれなくて落ち込んでしまうんだな、その穴を埋めるのは可愛い女でしかない。一度足停まってしまうと羊男でもなんにもしてあげられなくなるんだってさ。固まったものが多すぎる。ほぐしていくのはだるい。どんどん固まる。

つまんね、なにしててもつまんね。ブログ書くのもスノボもオーバーウォッチも全部つまんね。

顔にアトピーが出てきて赤くなってるから死にたい。彼女がいないから死にたい。仕事がうまくいかないから死にたい。実は超シンプル。わかってる。

2017年の目標。くそみたいに過ごしちゃうのはわかってる。俺の傾向だから。その傾向はもう仕方ないあきらめる。その中で救われる。

 

追記

だらだらしないで自分のことをやるっていっても、その自分のことってのが目標だもんな。その目標は考えてなかった。とりあえず今はまともに声出せるようになりたいな。

ゲームの時間、漫画の時間は削れない。やったほうがいいことをやらない勇気。運極を一体作っておいたほうがいいかな、とかアクセスできたほうがいいかな、とかをやめる。