読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リス

会社までの道、朝いつも通るガレージ式のラブホテルにはじめて入った。もののけ姫海猿を交互に見て、佐藤隆太が泣いていたりジコ坊とエボシが話したりしているのを見ていた。朝、挿入に挑戦した。痛い、え、これは痛い、痛い痛いえーやばいちょっとこれはやばい、え、やばいかもしれないこれは、え、ヤバイと言っていた。処女は失われたのかわからない。

リス園で、リスが俺の肩とNYの鞄の中を交互に移動しながら10分。まわりを気にせず自分たちの世界でわーきゃー騒ぐなんて苦手なのに、純粋に楽しんでしまった。

自遊空間で卓球をした。座敷の個室で太陽が見ている(かもしれないから)などを読んだ。ビーフカレーを食べて膝の上に頭を乗せて寝ているとき、非常に幸せだった。ドン、ドンと音がして、迷惑な客がいるなと思っていたら花火だった。自遊空間を出て駐車場、主客未分の花火。自遊空間ユニクロとマックの共有の駐車場で見る花火の、山内マリコ感よ。花火に遭遇できたり、ラブホの部屋がひとつだけ空いていたり、リスが肩に乗ってくれたり、運が良かった。

前よりも仕事が苦じゃない。前よりも彼女といるのが楽しい。どっちも結末のことを考えると辛くなるが、とりあえず良しとする。良いデートができたから忘れないように書いておきたかった。