読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画アイアムアヒーロー 感想

映画、アイアムアヒーロー見てきた。漫画既読

漫画原作に当たりなしの格言通り。

グロは頑張っているが、基本設定をなぞっているだけ。新井英樹のTWINの、日常の風景が残る中での非日常、をアイアムアヒーローが半分も受け継げなかったように、花沢健吾の人間関係の中の気まずさとかダサさを、映画アイアムアヒーローは半分も受け継げていない。ルサンチマン、ボーイズオンザランを描いてきた花沢健吾の持ち味にパニックホラーという設定を乗せたのがアイアムアヒーローの魅力なのに、パニックホラーだけを抜き出しても何にもならない。パニックホラーに突き抜けたいなら比呂美を消すべきだった。ヒミズのように、原作の設定を変えてでも良いものを作ろうという度胸もない。モテキのように、魂がわかっているのでセリフを変えても問題ないということもない。

原作をそのままなぞって、派手な演出だけ頑張って、やることはやったと言い訳が聞こえてくる。原作のなにがポイントなのかわかっていない。そもそも漫画を読めていない。だからどこを省けばいいのかもわからない。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)