読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み返さなくていいやつ

二週連続で東京に出張へ行った。いろんな雑貨屋を見て、うちの商品や、ライバル社の商品を見ているうちに雑貨がちょっと好きになってきた。最近は少し、がんばろうという気持ちになっている。

相変わらず皮膚の調子はあまり良くないが、そこまで自暴自棄にはなっていない。久々にブログを書くべきだと思って書き始めたけど、なんとも、書き進めることが難しい。抽象的なことを書いてもあまり面白くないのはわかってる。

だめだ。まじで書けん。どうする

普通ならブラウザ閉じる流れ。あえて続けてみようか

具体的なことが書けないのは、具体的に書くと思いを巡らせてしまうから。は?何この文章。意味が分からない。普通ならバックスペース連打なところだけどそのまま文章続けてみよう。

同行した上司とのサシ飲みで、お前は一旦頭で考えるくせがあるよな、もっと早く返せ。一旦頭で考えるなと言われた。自覚している部分。

もうひとつ上司に言われたのは、お前は滑舌が悪いわけじゃないんだけど小さい声で話してるときは声がこもってしまう。たぶん口があまり動いてないからだ。大きい声で話してるときは問題ないから滑舌が悪いわけじゃない、ということ。具体的なアドバイス、ありがたい。

出張が終わって土日月と二泊三日で上越国際にスノボに行った。AZM、KNYがまた東京から来てくれた。今回はHYも来てくれた。俺はiPhone片手に滑りながら、あとで撮った映像を見返して、やはり俺の声はこもっていると思った。

宿で酒を飲みながら、映研の映像を久々に皆で観た。一個上の先輩が撮った、部員全員が一人ずつエアギターをするという映像が一番面白かった。糞映画なんか撮るより、こうしてあとで観て楽しい映像こそが一番大切だ。そんな映像ばかり撮る先輩を今になって尊敬した。

先週日曜日、また同じ本屋でスピリッツを立ち読みしているとき、A木先生と再会した。TOEIC750点取ったことすごく褒めてくれた。素直に嬉しかった。いつか教室に来てくれと言われた。関係を続けたほうがいい。嫌なところを見つけてそこで関係を断つならもう誰とも仲良くできない。嫌いだと思った時期があったAZMとも、父親とも今はうまくやれている。

だからなんなんだ。ほんとうに。普通すぎる。自暴自棄になってどんどん落ちていく感覚のとき、気持ちよさを感じる。今普通の生活を普通の感情で過ごしていて、それもまあ悪くないと思っている。普通、と書いたけど、気持ちが安定しているわけじゃないな。上司にびくびくしながら小さい声で話したり、出張報告を皆の前で言うとき足が震えていたり、客先や仕入れ先との商談では相槌も打てていない、普通の基準から考えたら下ではあるんだけど、腐って死んでるときの俺よりは社会人をちゃんとやっているので、普通、ということにする。

自分の書いた文章も映画も何度も見返しちゃうタイプだけどこれはほんとに読み返さなくてもいいような文章だ