読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スターウォーズを見る気がしない

スターウォーズを見ることが負担になっている。さっさと片付けよう。

今エピソード3のはじめ。R2がオビワンの乗るエレベーターを動かしている。集中して見れない。一旦止めては再生し、を繰り返している。TOEICのこととか、探さなければならない仕事のこととかが邪魔をする。

TOEICの模試、475点だった。仕事で使えそうな600、700レベルまで勉強する気になれない。またいつか、あのとき勉強しておけばとなるんだろうか。

あのときああしておけばと何度も考えてしまう。そういう、「if」について描いた映画や漫画、小説をたくさん見てきたはずなのに、どんな内容か思い出せない。それらの中に答えがあるかもしれない。何も思い出せないんじゃ何かを新しく読んだりする意味ないんじゃないの。これももう100回以上思ってることだ。

まわりは一歩一歩進んでる気がするのに俺は前に進んでいない。これも100回以上思ってることだし、きっと100万回以上語りつくされたことだ。

無職になってからOT(仮名)と会った。ボーナスという単語が友人の口から発せられる度に劣等感を感じる。友が皆、我より偉く見ゆる日よ。せめて語らむ妻がほしい。結婚願望が生まれてきた。親のためにも子が欲しい。

OTから借りた漫画、山野一とか駕籠真太郎とか、好きになれない。駕籠真太郎の描く世界は浅い。死をギャグとして扱う漫画は嫌いだ。山野一は勧善懲悪の真逆にいて、10代の頃の俺はきっと大好きだったろうと思う。この社会が不条理なのになんで物語の中でも不条理を読まないといけない?

毒のある漫画は好きだ。みんなが描かない本質を描くために毒を使うのは良い。毒のために物語を作る人は嫌いだ。駕籠真太郎はそれだ。ドロヘドロと同じ薄さを感じる。俺が好きな毒は新井英樹とか村上龍だ。

この有り余った時間を、何に使おうか。遊ぼうにも勉強しようにも、やる気が出なくて、ただ横になったり、目的なくスマホをいじってる方が楽になって、昨日は16時間寝ていた。

22歳、大学卒業したばかりで無職だったとき、時間が貴重に思えて、自由に過ごせる職を探した。いまも無職だけど、あのときほど時間を貴重に思えない。働いて金を稼ぐよりも有意義な時間の過ごし方ができない。もうちょっとそれに早く気付くべきだったけど、どちらにしろ、蘇美の卒業までは続けてただろうし、今更だ。

周りと違って自分だけが足踏みしてる感覚の人は人口の何%いるんだろう。

こうしたいな、ああすべきだ、ああしとけばよかったなんてことを書いても同じことの繰り返しだしあとで読み返してもゴミと同じ。自然に文章を書こうとするとそんなゴミばっかりしか書く気が起きないし、そういうゴミを吐き出すためにブログを書こうと思ったんだった。俺の頭の中はゴミだらけか。私の頭の中のケシカス。

午後2時頃寝て昼11時に起きて、味噌汁と海苔とごはんを食べて、駕籠真太郎パラノイアストリートを読んでいたら、不快感を感じて、横になりながらぼーっとしていた。そのうち寝てしまって、15時くらいに一度起きたのに、寝すぎて目が痛かったのにまた寝てしまった。17時に起きて、TOEICの解き直しを20分くらいやって家族とカレーを食べた。カレーを食べる気が起きなくて、マカロニのサラダをたくさん食べた。父親が家に火をつけて4人の子どもが焼死したニュースがやっていた。「単身赴任先に戻るのに、妻が見送らなかった」を動機として報道していた。この動機を伝える必要があるのか。何を目的としてるんだ。理由を知りたいというニーズに答えてるのか?これで理由が分かった気になるひとがいるのか。テレビを見るとバカがたくさんいるように見えるのに、まわりをみると俺が最後尾のグループにいるように見える。社会的にはダメ人間だけど、本質のところでは俺は優れた人間だから、そういうねじれが生じるんだって、自分で納得するためにこんなことを書いてるのか。これももう100回以上思ったことだ。