読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「東京」というタイトルの曲は

年末東京に行くよといったらカオルとスギヤマちゃんからfacetimeがきて嬉しかった。東京帰ってこい帰ってこいって言われて嬉しい。帰るとこなのか東京は。3年ぶりになる。来い来い言われて来ないを繰り返して変に期待値上げちゃってるのかもしれない期待されんのも困る俺と飲んで楽しくなかったらどうしよう。

ブログぜんぜん書く気にならないのはなんでだろう。

今日は、蘇美が、またびっくりするくらいに可愛かった。あの可愛さをどう表現すればいいのか。崇拝。あんなキラッキラした光のような女の子はいないだろうと思うけどこれは客観的に見てもそうなのか、俺が異常に評価してるだけなのか。異常に評価しちゃうってのは恋焦がれてるというのと同じことか。いやあんな魅力的な女の子いないと思うんだけどな。俺の目が狂ってるとは思えないんだがこれが恋というやつなら門外漢だからそうなのかと納得せざるを得ないがいかんせん中3なのでロリコン死ねと思われるのが怖くて言えないのと文章でも写真を撮って見せても通じないあの動いてる蘇美をグーグルグラスかなんかで撮影してそのまま見せないとこれはつたわらんよなという。

「東京」というタイトルの曲はそのバンドの自信を表しているとtが言っていた。鋭い女だ。納得。くるり、銀杏、キノコ帝国、サザン?あとなんだ。