読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酸素と海とガソリンと

全く今日は何もなかった。何もなかったのに文章が書けるのかわからない。毎日ブログを書こうと決めているわけじゃない。書いてなかった溜まってる記録シートを書くのに飽きたのでパソコンに逃げようと思ったけどできるだけ生産的なものに逃げようとブログを書き始めた。今cat powerを聞いている。去年のフジロックで聞けばよかった。相対性理論のあとでホワイトステージのトリだったような気がする。あのとき俺はエーテツにヘヴンでlotus聞こうって何度も誘われてたのに相対性理論を前で見るためにヘヴンを出てホワイトに向かったのだ。失敗だった。相対性理論は最悪だった。CDの音の方が数倍良かった。ももクロに提供したZ女戦争だったかって曲だけ良かった。あのあと一人でエゴラッピン見に行って、よく見えなくて、これも失敗だった。エーテツとコーゴと行動してればよかった。なんで金払って仕事休んでこんなトボトボ歩いてるんだって思って。そんでthe xxを見るために、ホワイトに戻ってエーテツコーゴと合流して、そんとにのxxが良かったから救われた。最後に会場のひとたちで自然とoasisのlook back in angerの合唱がはじまって一緒に歌ってあまちゃんのメガネかけた松田龍平を見かけて、まあまあいい気分になって帰れた。今cat powerを聞いて、相対性理論からcat power、the xxとずっとホワイトにいればよかったななんて思った。もしくはlotusからホワイト行って途中から相対性理論。あとから後悔ばかり。

今日は7時に起きた。夜7時。昨日の土曜の夜無駄にニコ生を見ていた。この中毒。まったく面白くないのにニコ生を見てしまうのは、誰か人がいるのを見て安心したいって気持ちからだ。岡田斗司夫がかわんごとの対談で言っていた。

家族で飯食って黒田官兵衛を見ていた。ピエール瀧が死んでいた。今年のフジロックでは電気グルーブがグリーンで演奏したらしい。

くそつまんねえニコ生を見て、こんな中身ねえ話するんなら俺が放送するって思って放送してみてもコメントがないとしゃべれない。相手が何を求めてるのかコメントだけじゃ判断できない。こっちが勝手に話すしかない。難しい。

女が中身のない話、いや、話すらせずに、ただコメントに不愛想に答えるだけの、あの放送をする気持ちが若干わかる。自分を見てほしいんだ。可愛い自分を。外に出れば人はたくさん歩いてるけど、誰も自分とコミットしてくれない。ネットを間に通せば踏み込んできてくれる。失礼なことを言ってくるやつがいるってのはそういうことだ。ぶっちゃけた話をしてくれる。ネットでのコメントは現実味がないけど外で歩いてる人はもっと現実味がない。ほんとはどっちも現実だけど、どっちも現実だとするためには想像力がいる。iphoneから聞こえるcat powerはWillie Deadwilderという曲を歌っている。こういう、少ない音の曲は好きだ。囁くような声とギターだけ、あるいはピアノだけの曲。音が少ないほど良い。The xxとか。東京事変でも亀田さんの作った椎名林檎の声メインの曲が好きだ。落日とか、私生活とか。