読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

負い目

ガンダムUCをepi3の途中まで観て後悔して一旦やめた。昼から教会で講義受けなきゃいけなくてそのまま新潟に飲みにいく。毎週講義受けるつもりなんてないんだ。ほんとに洗脳されちまうぞ。虎に。飲みに行って酔って帰ってきてクマクラのために数ⅠAの二次関数も場合の数も準備せずに月曜になってしまう。だからこの時間に準備しなくてはいけなかったのに、木曜にオヤナギ、土曜にカズトと続けてUC好きと話してしまったせいでネットで動画検索してしまった。面白くてepi3まで見てしまった。Zはなかなか進まなかったけどUCはなかなかだ。綺麗な画面で見るために一旦やめよう。ゲオで借りてこよう。それでももう月曜は手遅れなんだろう。寝れないのでブログを書き始めた。土曜が終わったばかりなのにまた土曜が来るんだろう。俺はなんで土曜がツライかって、タバコ吸うタイミングがないのとかT聖のプレッシャーとかもそうだけど、小川蘇美(仮名)と話すのが怖いんだよな。密度の高い毎日を過ごしている中でわざわざ俺の授業受けに来てるんだから意義のあるものにしなきゃとかってのもあるし、キラキラしてるからそれにかき消されそうな感じもいやだし、太陽浴びた吸血鬼みたいな。それでいて毎回毎回可愛くなってるから困る。今日は、昨日か、昨日の土曜は、小川蘇美の姉が来た。二個上で高2。前まで通ってた姉。見た目の劣る姉。有能な兄、姉と無能な弟、妹のパターンはまず見ない。逆はよくある。この姉妹もそうだ。すべてにおいて蘇美が上回っている。顔も頭も。姉の一番の取り柄は明るさだが蘇美も同じくらい明るく活発だ。姉は今日短いスカートに胸を出してきた。太っているので足がむちむちでガン見してしまったがあれは失敗だった。たまに蘇美を迎えにくる。俺に好意があるんだろうけどなにもしてやれない。あの姉妹はどうやって関係を保っているんだろう。彼女らが、彼女ら自身に対する俺の目に気付くくらい成長したらいやだ。成長が早いのは怖い。俺は停滞してるのに中学生はどんどん大人になる。通常の三倍のスピード。シャアがまさかUCに出てるとは思わなかった。土曜日終えて業務記録を書いて生徒の記録用紙を書いて車に乗って帰るとき、俺は俺の生徒のために自分を美しく装わなくはいけないとニーチェの言葉借りて思うのにさっそくうまく時間使えずにシコってガンダムUCみて今になってしまっている。そういう負い目が、キラキラしたあの姉妹の目をみてまっすぐ話せなくしてるんだろう。関係を濁らせるのは負い目の感情だ。負い目を感じる限り、悪事は自分の損になる。誰にも見られてなくても、いつかやった悪事が負い目の感情を生んで綺麗なものから自分を遠ざけてしまう。