読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拘泥

一応10分。10分でやってみる。書きたいことないけどねれないのでしかたない。

できるだけ誤字気にしない。

さっきやったこと。ブログをまわってた。塾講師で検索した。

こんな楽しみ方があったのか。歯医者でぐりぐりされながら考えてた。

検索して星つけてブクマして、そしたら星が返ってきた。ということは、これからは誰かに見られる。初めに書いた記事も見られるけど。

誰かに見られるか持って意識するとダメだ。誰にも見られてないテイで。でも個人名は出さずに。それは気をつける。

あの女、俺が前のブログで名前出してエゴサーチで追っかけてきたあの女。って説明シテル時点でだめだ。誰かに見られてるって気にするからわざわざ説明しちゃってそれでいつもの文そのままの文じゃなくなる。

あの女がラストになってることが未だに困ってる。素人で最後。

とにかく、人の名前は出さない。でも見られてないテイでいく。

高校生は個別指導塾を使うべきじゃない。かといって別のとこ行けとはいえない。

何も書きたいことがないのに書き始めてしまったのでまとまらない。

でもまとまらない駄文をたくさん作るほど、次また書きやすくなるのでヨシとする。

量産することが大事。

量産。ザク。ズダ。おやなぎ。

春に部屋に差し込むひかりにタバコの煙がかかるとレーザーみたいでかっこいい。xxのライブみたい。

おやなぎが、俺の授業喜んでたって。それは俺も嬉しいはずなんだけど、できるだけ下手に生徒に好かれないようにしたいと思ったので複雑だった。

いや好かれるのは嬉しい。好かれてることを意識してしまうのが嫌なんだ。

ガンダムが好きらしい。あいつはガンダムが好き。俺はファーストしか知らない。

頑駄無を見ることはこれからのために役立つ。話の話題として知っておいたほうがいい。生徒との会話で。

生徒との会話で使えるなって思うってことはやっぱり俺は好かれたいんだ。

でもできるだけそこに重心を置かない。効率よくっていったらあれだけど、最小限の努力で。一人ひとりに拘泥しすぎないように。

あと20秒

拘泥。夏目漱石。こだわないって書けばよかったのにカッコつけたな。